メーカーECグランプリ

第1回『メーカーECグランプリ』受賞3社決定!


●こんにちは。EC研究会(NPO)/エコ研究所(NGO)/大賞実行委員会/合同事務局

 の土屋・関根・鄒(スウ)・山崎です。

 

●今年・第1回目を迎えた、『メーカーECグランプリ』の受賞3社の顔ぶれとその【受賞理由】

は下段の通りです。また、今年の応募総数(推薦を含む)は48件でした。

※『メーカーECグランプリ』今年・第1回目の最大の特長は、有名ブロガーと組んでオリジナ

ル商品を開発したり、店頭で製品のバーコードをスマホで読み取るだけで、同一商品の最

安値をネットや実店舗のデータから検索できるなど、実社会での存在感をネット販売に活用

していることです。

=====================================

『メーカーECグランプリ』(第1回)受賞3社:

=====================================

■第1回『メーカーECグランプリ』 オリジナル商品部門 『製造小売り(SPA)賞』

 (株)サイバーエージェント 代表取締役社長CEO 藤田 晋殿

  御社のゾゾタウン向けの『AmebaShop』事業は、アメーバブログの有名人ブロガーと組ん

で、洋服やバッグなどオルジナル商品を開発。両社サービスのユーザー2400万人を超える

高い集客力と相乗効果を狙える点が、ユーザー始め有識者の高い評価を得ています。

----------------------------------------------------------------------------------------------------

■第1回『メーカーECグランプリ』 ボーカロイド部門 『国際賞』

 クリプトン・フューチャー・メディア(株) 代表取締役 伊藤 博之殿

 御社ボーカロイドの『初音ミク』は、今まで曖昧だったボーカロイドに関する権利を明確化し、

ユーザーの楽曲や動画などの制作意欲を向上。またネットから火がつき世界に人気が拡大。

グーグルやトヨタなど世界企業のCMにも登場するなど、世界中のユーザーや有識者の高い

評価と愛着を得ています。

----------------------------------------------------------------------------------------------------

■第1回『メーカーECグランプリ』 価格比較アプリ部門 『パイオニア賞』

 IMJグループ (株)コードスタート 代表取締役 川合 純一殿

  御社の『ショッピッ!』は、店頭で製品のバーコードをスキャンして同一商品の最安値をネ

ットや実店舗のデータから検索。店頭で現物を確認し、ネットでの購入を実現。また大手EC

サイトのレビューを一括掲示する機能もあるなど、ユーザーや有識者の高い評価を得ていま

す。

--------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

■名称:『メーカーECグランプリ』※第1回授賞式は3/1(木)午後に決定。

 ----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■目的:

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

1.新賞を設け、その表彰を粘り強く継続することで、高い水準点と、その達成度を明示。

  ベンチマークとキャッチアップの両方式を採用することで該当分野の早急で健全な

  強化育成を図る。

2.現在のEC化率約3%=約9兆円の日本のネット販売(BtoC=企業と個人間の電子

  商取引)を、例えば、10年~15年後にEC化率約30%=約90兆円に育て上げる効果

  的な施策【車の両輪作戦の右輪】とする。

3.(1)既存の『工場を持つメーカーEC』の進展だけでなく、(2)商社・卸・小売りの製造

  小売り(SPA)など、『メーカー(ポジション)のEC』を推進。デザイン力とリスク負担能

  力を高め高い収益性を業種・業態的に確保する。

 ----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

■市場背景:

 ----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

1.世界と日本にとって、ECビジネスの※【ネット販売】は、もはや当たり前の時代になりま

  した。※『ネット通販』という用語・用例はきわめて適切なのですが、まだ特殊な販売チャ

  ネルとの誤解を与える可能性があるため、EC研究会では、用語として【ネット販売】の

  採用を推奨しています。

2.先進国レベルでは、【ネット販売の比率】(EC化率)が9%(米)~13%(英)を超えており、

  日本もEC化率=30%レベルの達成を目指す必要があります。3.日本のEC化率は現状

  3%前後(約9兆円)に留まっており、抜本的な推進策により、10~15年後には個人消費

  (約300兆円)の約30%(約90兆円)を目指す必要があります。

4.こうした現状を踏まえ、EC研究会(NPO)では、この重要な施策として、(1)新設の『メー

  カーECグランプリ』【右輪】と、(2)昨年新設した『ネット&リアル相互貢献グランプリ』【左

  輪】の継続的な運営を、【車の両輪作戦】として設定。5.2009年10月の経産省『EC実態

  調査(概況)』によれば、ネット販売事業者の約62%が、すでにリアルな実店舗での販売

  を実施している実態に即応。※下段の『ネット&リアル相互貢献グランプリ』をご参照くだ

  さい。※ http://ecken-newprize.blog.so-net.ne.jp/